12月12日 流し目のゆうの物語 ~魔女旅に出る

そうだ!流し目のゆうちゃんがログレスに来る前の話をしようと思ったんだ^^お暇な方はお付き合いください!(最近、少し体調を崩し気味で、のーんびりと書き進めたものになります^^) その道場・・・昔は名声を轟かせ、世界中から勇者になろうとするものが集まった。勇は、その道場の長男坊。跡継ぎの宿命を背負い、育てられた。 ――勇、14歳道場では打ち合いが行われていた。気合の怒号が道場に響き、また、骨が砕かれたものの悲鳴が聞こえることも少なくない。その日の勇の相手は、来年には20歳を迎え、ログレスへ旅たち、勇者として一旗をあげようという男だった。その男は、間合いをつめるなりに木刀を勇に向かって振りかざす。勇は、その刀をヒラリとかわすと、シュタと剣を男の首から方に向けて振りかざす。目に見えぬほどのスピードを持った剣は、シュンという音ともに振り下ろされ、首の皮に触れた瞬間に戻される。振り切れば致命傷、剣を戻した今の一太刀は蚊を殺す程度の衝撃を与えるのみだった。その男は、二太刀、三太刀と勇に浴びせようとするが、すべてが同じ結果だった。 夜、勇は食事を父・兄弟と食べる。父が問うてくる。「勇よ、なぜ、おぬしは振りぬかん? あれでは、相手も浮かべれぬぞ」何度も語ってきた話だ。 **** 勇が、齢(よわい)6歳を迎えたころ、明日、勇者への旅立をしようという男の壮行会での話だ。「うちの息子もなかなか強くてな」勇の背中を押して、男にいったのは父だった。「さすがは先生の息子さん」すでに酔いが回った男は、微笑むを浮かべたま…

続きを読む