1月27日 流し目ゆうの物語 ~ログレス最後の日「またね!」

最後の「悠久なる聖園」の動画をアップしようと思いましたが、やっぱり、この動画は最後にアップでしょうか^^たらたらと書いています「流し目のゆうの物語」を最後まで行かなくては、ですね^^ ということで、最終日!最後、14:30から、みんなで集まったお話は別に書いているので、サクッと行きますよ! ログレスは、その日の15:00をもって、最後を迎える。分かっていたことだが、集いし者たちの最後を惜しむ声が、別れを惜しむ声が、一日中、鳴り響いた。ゆうが星の民との一夜を終え、アジトに戻ったのは朝の7時だ。その足で城下町へ走る。ログレスが終わってからも、また会えるよう、連絡版の組合を作るためだ。組合の作成手続きは思いのほかに簡単だった。確認してみると、ログレス関連の組合は少なくなく、これなら、その気になれば、今後も多くの人と連絡がとれそうだ、とホッとした。組合を作成したことを仲間たちに伝えると、みなが登録してくれ、星の民もその中の一人だった。 * ゆうが皆との別れを告げ終えたのは、14:45。最後は、ここにやってきたばかりの頃の姿、三つ編みの女性の姿になった。クマの姿に見慣れた人たちの中には、物珍しく見るものもいたが、これが本当といえば、本当の「流し目のゆう」の姿だ。アジトに戻ると、荷物の整理をはじめた。武器の整理だ。6属性の武器が必要ということで、準備したのはいいが、これから自分は記憶を失う。この武器はどうすればよいのだろう・・・と、アジトに幻影の空間ができ、そこに星の民の少女が映った。「ゆうさん、…

続きを読む

1月26日 団長のダイエット大作戦

くまっ!始まりました新イベント「団長のダイエット大作戦」! に、合わせて、レイアウトも変えたっクマ!前がクリスマスに合わせて夜にしてましたが、今度はすっきりの白系っクマ^^ ※賑やかな感じがだしたかったので、皆さんのアバターに加工などは行っておりません><不都合のある方は、教えていただけたら、対応いたします^^ プロジェクトで「ジャン・クロード・バンダナ」をかぶって、挨拶をする、というのがありまして・・・ 世界交易所の「アニマルボックス」から出すようなのですが、まったくでません><椅子やら風呂やら鏡やら・・ばかりっクマ><仕方ないので、鏡をベンベンベンと貼ってみました・・・悪くないっクマ! 今回のフェスティバルの進捗は・・・ とりあえず、鉄アレイ風呂をゲットして、次のヘルスメーターも狙えばいけそうな・・・でも、ここまでにしようかな^^それよりも、「スパーソナルトレーナー」を、風呂トモさんのどんどんお風呂に投入して、わかしボーナスをゲットしたいです^^ガチャ券&ファストバス&皇帝液・・その他もろもろをゲットしたいですね^^ ここにきて、初めて知りましたが、グリーンオパールはここで手に入れるのですね^^総合ランキング・・・ うーん・・・どこかで気合いをいれて、10位以内を目指してみたいのですが・・・きついよねーw今は・・・霧島温泉に来たっクマ^^ お誘いした方は、もういらっしゃらないので、きっとイベント風呂で頑張られてますね^^一人で・・一クマで、のんびりと^…

続きを読む

流し目のゆうの物語 ~夜のとばりの中 その2

くまっ!何やら、めっきり小説らしきものが続きますが、しばし・・・最後の動画は、次にあげる予定です^^ じつは男性だっという過去をもつ「流し目のゆう」さん。そして、ログレスの終了とともに、男性に戻り、ゆうのログレスでの記憶はすべて消されてしまうという。 そんな折のログレス終了の夜、星の民に連れられてきた雪深き崖。そこから物語は続きます^^ ゆうの足の下の雪は、どのくらい高さで積もっているのだろう?沈んでいるのは、星の民が貸してくれた足袋のおかげで、ほんの10センチほどだ。 星の民に連れられてきた場所は、海のそばに切り立つ崖で、時折強い風が吹く。そのたびに、雪が宙に舞いあげられ、月灯りを映して、キラキラと降った。 * ゆうは、ゆっくり話したいと、辺りより雪で湿り切った木を集めた。その木がひざの高さくらいまでになると、星の民は、火の魔人「阿修羅」を召喚させた。ボッと、口から火を吐くと、木はあっという間に湿り気がなくなり、火が点き、目の高さまで炎があがる。都合よく持っていたござを広げると、そこに二人で腰を下ろした。 「なんでしょう? 聞いてほしいことって?」「うん・・・実は・・・」 ゆうは、この旅を終えると、ログレスでの記憶を失うこと、そして、自分は本当は男で、記憶と同時に男の体に戻ることを話した。「最初の頃は、頭も女性だったんだけどね・・・、すっかり男の思考になっちゃって・・・」星の民は目を丸くする。「・・・」しばしの沈黙の後、顔色に怒りを浮かべはじめ、下ろしていた腰を飛び上がらせ、怒鳴…

続きを読む